BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

4

書籍「バッタを倒しにアフリカへ 」(前野 ウルド 浩太郎 著)

夢を明確にできる人が羨ましい。恥ずかしながら齢60を超える人生の中で、夢に向かって生きた記憶がありません。夢を明確にできなかったからです。夢さえ明確になれば、彼のように寝食を忘れてでも、その実現に向かってひた走れたのでしょう。

幼ない頃ならあったのかもしれません。しかし成長するにつれ、現実との乖離を思い知らされて夢など持たなくなりました。成功した人はよく「夢を持ち続けろ」と言いますが、あれってホントなのでしょうか。成功したことが夢だったことだと後付けしているような気がしてなりません。たとえ夢を持ち続けたことで成功した人がいたとしても、その傍らには夢に破れた死屍累々が横たわっていることも私は知っています。(もっとも著者は成功の途上にあるようです。だから彼は輝いて見えるのかもしれません。)

まずは与えられた環境の中で目の前のことを一生懸命やること。それを続けるうちに自分のやりたいこと、やるべきことが少しずつわかってくる、……そんな気がします。今の私のように。ああ、それを夢って言うのかな。

 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP