BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

1

映画「砂の器」(監督 野村 芳太郎)

スタッフのオススメBOOKS&MOVIES

【知らねえ‼ そんな人知らねえ!】

◆◆◆ボランティアスタッフ吉田柴犬のオススメMOVIES◆◆◆

松本清張の同名小説の映画化。映画が原作を上回った珍しい例だと個人的に思う作品。
若い頃、松本清張だからサスペンス・ドラマだと思って観てたら、とんでもなかった。全国の中学校・高校では授業の一環として視聴すべきだと思う。
十数年前、ある方に誘っていただいて、瀬戸内海に浮かぶ島に建つ長島愛生園を訪れることができた。このハンセン氏病療養所はかつて行われたことを入所者、つまり患者(あるいは元患者)が直接語ってくださる。また監房と呼ばれた独房が使われた当時のまま残っている。国家が犯した過ちがいかに罪深いか……。
ちなみにストーリーのカギとなる「東北訛りのカメダ」という名前は、『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ』でもオマージュとして使われた(柳葉敏郎、グッジョブ!)。
加藤剛、森田健作、丹波哲郎の演技も素晴らしいが、加藤剛扮する天才ピアニストの父親役、加藤嘉の鬼気迫る怪演は記憶に残る。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP