News 2024.02.26
2/24夕方、映画「ガザ 素顔の日常」上映会を開催ました
佐鳴湖近くの小さな図書館
BLOG

映画「真夏の夜のジャズ 」(出演 セロニアス・モンク他)

映画「真夏の夜のジャズ 」(出演 セロニアス・モンク他)

【米国がもっとも輝いていた時代の、輝いていたJazz】

◆◆◆ボランティアスタッフ 吉田柴犬のオススメMOVIES◆◆◆

1958年の第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルのドキュメンタリー映画。監督はバート・スターン。彼は雑誌Vogueや広告の大物写真家。

会場のニューポートは、ロードアイランド州の港町で、避暑地、保養地として、カジノやゴルフ場、ヨットハーバーがあり、米国中からお金持ちが集まる。

だから映像はミュージシャンよりも、港町の風景と聴衆たちがメインかと思うくらいオシャレ。スタイリストや演出がされていると勘ぐるぐらい、カッコいいヒトたちが出てくる。

柴犬のお気に入りは、まずは歌姫 アニタ・オディが歌う「二人でお茶を」、「スィート・ジョージア・ブラン」。そして、孤高のピアニスト、セロニアス・モンク「ブルー・モンク」。極め付きはゴスペルのマヘリア・ジャクソン。

資料などをネットで読むと、あのマイルズ・デイビスもビル・エヴァンス、ジョン・コルトレーンなどを率いたクィンテットで登場したらしいけど、まだトップではなかったみたい。あとは、マイルズと同い年というチャック・ベリーが登場し、ダック・ウォークを披露している。そう、ロックンロールが世に出始めた時期でもある。

この映画は、米国がもっとも輝いていた時代、そして、Modern Jazzが本当に輝いていた音楽だったことがよく分かる。夏の夜にビールでも飲みながら、これを観ると、米国っていい、と思ってしまう。(=^・^=)

PAGE TOP