BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

10

映画「英雄の証明」(監督・主演 レイフ・ファインズ)

映画

【祖国を追われた者の復讐劇】

古代ローマの伝説的将軍の悲劇を描いたシェイクスピアの戯曲「コリオレイナス」を現代劇に仕立てた面白い試みです。

我々日本人には古代ローマの執政官だの護民官だのと言われても、それらがどういう立場だったのか、今一つピンときませんが欧米人はそれらを一般教養として誰もが分かっているのかもしれません。ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエル)の没日3月15日は常識だと聞きますし、映画「スター・ウォーズ」等でも元老院などという言葉がフツーに出てきますしね。「ジュリアス・シーザー」等を書いたシェイクスピアの功績が大きいのでしょうかね。

さて映画の方は、対外的な武勲を上げた執政官コリオレイナスが市民に罷免され祖国を追われるものの、敵国に加担しローマ市民に復讐するというお話し。
塩野七生の「ローマ人の物語」を読むと、古代ローマではこの手の話に事欠かないようですが、ローマに限らず古今東西どこにでもある話しだと思います。私がやっているもう一つのビジネスもそう言えなくもありません。おっと、あまり余分なことは言わない方が良いな……。ま、取るに足らない小さな復讐です。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP