BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

11

映画「女と男の観覧車」

映画

ここに出てくる人たちは皆、問題を抱えています。男も女も、子供のリッチーでさえも。

唯一、浜辺の監視員ミッキーだけが高いところから、そんな彼らを見下ろしている──そんな構図の映画です。もっとも、そのミッキーも時々下に降りてきては騒動のタネを蒔くのですが。

しょせん男と女は分かり合えません。誰もが知っているその真理に、人は一時の幻想を見ます。この人とならそれが可能かもしれないと。

しかし現実は厳しく、折り合いをつけながら生きていくしかありません。でないと、置き去りにされた子供は火遊びを続けることになります。リッチーのように。

実にウディ・アレンらしい悲喜劇です。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP