BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

7

映画「ミストレス・アメリカ」(監督 ノア・バームバック)

映画

つい最近まで「意識高い系」とは、人生の目的意識を高く持って、そこに行き着くために自分を律して生きている人のことを言うのだと思っていました。しかし正しくは、自意識が高過ぎて過剰に自分を演出して見せる割に中身が伴っていない人のこと──をそう呼ぶのだそうですね。なるほど、居るようなあ、そういう人……。
とはいえ、その差は紙一重と言うか、コインの裏表のような気もします。だって、まだそこに行き着いていない発展途上にあるのですから、中身など伴っていなくて当たり前。でもついついそうありたい自分を盛って見せてしまう。
そう考えると、前向きに生きようとする人すべてに当て嵌まるのではないでしょうか。このブルックはその典型だし、トレーシーもまたしかり。
観ていてまことにカッコ悪いのですがあれが現実です。そしてやがて、彼女たちの姿は観ている自分そのものだと気付かされるのです。やれやれ。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP