BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

9

映画「タリーと私の秘密の時間」

映画

終わってみればさもありなんという話だし、確かにどこかで見たようなオチではあります。

しかし、複雑な人間関係に悩まされ、いつも何かに急き立てられて生きている現代人にとって、幸せとは何かをあらためて気づかせてくれる良い映画だと思います。

おそらくそれは「足るを知る」ということなのです。周りの幸せそうな他人と自分を比べたり、夢を追いかけていた頃の自分を思い出したりしても、不毛で意味がありません。

愛する家族がいる。そして、それを支えようと懸命に生きている自分がいる──それだけで十分幸せなのだと、そう気づくべきです。

まあなんにしろ、シャーリーズ・セロンの女優魂には脱帽だということで……。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP