BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

11

映画「ザ・レッスン 女教師の返済」(監督 クリスティナ・グロゼヴァ、ペタル・ヴァルチャノフ)

映画

【必ず見つかり、罰を受ける】

邦題がAVのようで、ちょっとエッチっぽいですが、よく出来た映画です。生徒の教室内での盗みに端を発して、駄目な旦那や副業の会社経営者に翻弄されたあげく、最後に盗みを咎めた女性教師に報いが行くというストーリー。

生徒の盗みと彼女の私生活は、まるで接点がないかのごとく物語は進んでいきます。だがしかし、最後にしっかりと交わる一種のパラレルワールドです。

この後、彼女は生徒の前で逮捕されるのでしょう。「必ず見つかり、罰を受ける」と彼女が言った通りになるのだと容易に予想がつきます。なんとせつないことでしょうか。

そして、この映画のポイントは父親との確執。それが物語に深みを与えています。観ている者は当然、最後は父親に泣きつくのだろうと予想します。しかしそれが出来ません。近親憎悪とはそういうものだから。非常によく出来ています。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP