BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

4

映画「グリーンブック」(監督 ピーター・ファレリー)

映画

「最強のふたり」の二番煎じ的ではありますが、これはこれで好かったと思います。いや、素直に言えば感動しました。

何の共通点も持たない二人ですが、あるとすれば最終兵器というか、伝家の宝刀は極力抜かない(でもいざとなったら躊躇なく使う)、そういう矜持を持っているところでしょうか。

「最強のふたり」では雇主の方が変わっていくのですが、この二人の場合どちらかと言えば雇われたトニーの方が変わったようにみえます。一番喜んだのはトニーの奥さんでしょう。

しかし、映画を見終わって暫くして気づきました。やはり本当に変わることができたのは雇主のドクだったことに。私もここを運営していて今現在、感じています。色んな分野の人や様々な価値観を持つ人と交わることで、自分自身が変わりつつあることを。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP