BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

4

映画「ぼくとアールと彼女のさよなら」(監督 アルフォンソ・ゴメス=レホン)

映画

うかつに感想を書くのが難しい映画です。もちろん、悪い映画ではありません。評判通り良い映画だと思いますが、とてつもなく感動したというわけでもないのです。きっと後からジワジワとくるに違いない──、そんな気のする映画です。

一口で言えば、若い時間を持て余す男子が生を全うする時間のない女子を看とる映画です。そういうと、よくあるお涙頂戴系の安いラブストーリーを想像されるかもしれませんが、そこに恋愛感情は存在しません。少なくとも彼らはそう思っていない。そこが良いのだと思います。

人生を持て余す者が人生を全うできない者をみて何を思ったか──。我々の誰もがグレッグですが、同時にレイチェルにもなり得るのです。人生を持て余してなんかいられない。レイチェルの分まで思う存分生きなければなりません。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP