BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

8

ドラマ「大都会-闘いの日々- DVD-BOX」(監督 小澤 啓一 他)

映画

渡哲也が亡くなってもう一年が過ぎました。学生時代、高倉健や渡哲也をスクリーンやTV画面を観て、自分もこうありたいと思ったものです。彼らの生き様は勧善懲悪とか利他的とかと、いろいろな言い方ができるでしょうが、平たく言えば「強くて優しい」になるでしょう。

もちろん、それが俳優としての彼らの表向きの顔であることは、当時アホな学生の典型だった私にもわかっていました。しかし、それでも構いませんでした。強くて優しい男になりたいとただひたすら願っていたのです。あれから40有余年が経ちましたが、少しも強く成れず、微塵の優しさもない今日の自分に恥じ入るばかりです。

さて、渡哲也は「西部警察」が代表作とされていますが、私としてはこの「大都会PART1」が一番好きです。久しぶりに観ると隔世の感を禁じ得ませんが、それでも彼の生き様が最も表れている作品であることに変わりありません。

報道によると、亡くなった後お別れの会の類も行わなかったそうです。皆の生活を乱すまいとする故人の優しさが偲ばれます。

あらためて、二人とも逝ってしまったのだと思わずにいられません。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP