BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

10

組織の不条理 – 日本軍の失敗に学ぶ 菊澤 研宗 著

日本軍は合理的に非合理を選択して失敗した、と著者は言います。それを取引コスト理論、エージェンシー理論、所有権理論を用いて説明しています。こう書くと難しそうに思われるかもしれませんが、とても読み易いので心配無用です。

それらは「完全に合理性を備えた人間などいない!」という当たり前の前提に基づきます。エリート中のエリートで構成する大本営も、現場で起きている全ての情報など知り得ない限定合理なのだと。

にもかかわらず戦略はもちろん、戦術(この二つの違いは時として微妙ですが、ここでは山を登るのにルートを決めるのが戦略、装備を決めるのが戦術くらいで捉えてください)までを大本営が指示しては、それがいかに不適切な指示であっても現場は無批判に従いあげく失敗するか、あるいは面従腹背してやはり失敗するしかありません。私の前職の会社は、まったくもってこの通りの失敗を繰り返していました(苦笑)。私は面従背反のクチだったのですが、大本営に手足を縛られてはできることは限られるので、やはり失敗したと認めざるを得ません。

まさに「事件は現場で起きている」のです。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP