BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

8

書籍「FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」(ハンス・ロスリング他 著)

新聞と本は若い頃からそれなりに読んできたと自負するところですが、それでも(いや、だからこそでしょうか)、直近の事実は意外と知らないものです。著者が指摘するように、過去の知識が邪魔して私たちは思い込みで世界を見ているのかもしれません。

その思い込みを本書では10の本能に基づく行動として分類しています。こんな見方はしないだろうと思ったりもするのですが、何かあるとついついこういう見方──たとえばそれは、ネガティブ本能によって世界を否定的に見たり、恐怖本能によって実際の恐ろしさよりも増幅して見たり──をしてしまう自分がいるのは否めません。いや、何もない普段ですら、無意識にそんなふうに世界を見ていることは多いのでしょう。

私だけではなく、世の中全体がこうした本能に基づいた傾向にあるはずです。だからこそ、捻じ曲げられた「真実」ではなく、「事実」に基づいて世界を見たいとあらためて思いました。世界は確実に良い方向に向かっているのです。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP