BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

7

書籍「欧米に寝たきり老人はいない – 自分で決める人生最後の医療」(宮本 顕二・宮本 礼子 著)

私の母も10年近く寝たきりで、しかも後半は意識すら覚束ない状態で、そのまま女性の平均寿命で死んでいきました。胃ろうを施され、点滴の管をつながれ、時に拘束までされて……。

まだ意識がある頃、何年かぶりに東京から見舞いに訪れた私に母は無言でやせ細った腕をぐっと差し出してきました。最初私は意味が分からずたじろぎながらも、よく見るとそこには無数の注射針の跡がありました。あの日のことが今でも胸を締め付けます。

日本が世界一の長寿国だなんて──、ただ無理やり伸ばしているだけじゃないか! この本にあるように確かに昔はそうじゃありませんでした。私の祖父などは自宅の寝床で死んだのです。今は皆が自分にはして欲しくないことを終末期高齢者に強いています。こんな日本に誰がしたのでしょう。

しかし日本だって変われるはずです。本書によれば、欧米だって数十年前まではそうだったのですから。その結果、平均寿命が短くなったとしても誰が困るのでしょう?

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP