BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

11

小説「愚行録」( 貫井 徳郎 作)

のっけから悪態をつくようですが、ここに出てくる人物は皆、人の風上にも置けないクズか、とんでもない勘違いをしている馬鹿ばかりです。ホントどいつもこいつも胸糞悪くなります。実際、あまりの気色悪さに途中で何度も本を閉じました。

でもなぜでしょう。気がつくとまた読み始めているのです。それは、このクズや馬鹿達が私のこれまでの人生で出会った人たちと重なって見えたからに違いありません。いや、何よりもこれら登場人物は、私自身のダークサイドでもあるのです。その深淵を覗くような気持ちで読みかけの頁をまた開いていていたのでしょう。

人はそれをひた隠しにして生きています。しかし悲しいかな、隠しきれないのです。彼らのように。そしてそれは、この私も例外ではないのでしょう。

愚かです、あまりも。まさに愚行録──。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP