News 2024.06.27
7/27(土)読書BAR「真夏の夜じゃじゃ AZZURRI」開催のご案内
佐鳴湖近くの小さな図書館
BLOG

映画「レッド・ライト」(主演 ロバート・デ・ニーロ)

映画「レッド・ライト」(主演 ロバート・デ・ニーロ)

【本物の超能力者は名乗り出ない】

もしも自分が超能力を持っているとしたら、世間とどう向き合うでしょうか。それを晒せば、暫くの間は喝采を浴びることでしょう。マスコミももてはやすに違いありません。

しかし早晩飽きられ、やがて根拠もなく信用されなくなるでしょう。そして、いつの間にかイカサマ師の烙印を押され、社会から抹殺されるに違いありません。なんだかんだ言っても世間は結局、超能力など存在しないということに落ち着きたいのです。まさに「レッド・ライト(場違いなもの。不協和音)」──。

そんなことが容易に予想できるから、本当の超能力者は自ら名乗り出たりしないのでしょう。彼のように。そのことは想像を絶する孤独かもしれません。

だから、自分と同じ本物を見つけたい、見つけて連帯したい、孤独を分かち合いたい──そう考えても不思議ではありません。あるいは、だからこそ、まがい物は許せないのかもしれません。彼のように。

きっと、いつまで経っても連帯すべき仲間は見つからないでしょう。それは「超」と名の付いた時点で隠ぺいすることが宿命づけられた能力だから──。

画像引用元 辰々のお薦め映画とベストテン

PAGE TOP