News 2024.06.21
7/20イタリア建築セミナー開催
佐鳴湖近くの小さな図書館
BLOG

ドキュメンタリー「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」(出演 侍ジャパントップチーム)

ドキュメンタリー「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」(出演 侍ジャパントップチーム)

【大谷翔平はパーフェクト・ヒューマン】

いやあ、敗戦濃厚の準決勝で同点に追いついた吉田正尚の一発も良かったし、それまで不振を極めた村上の逆転打も良かった。もちろん、大会途中で骨折しながら出場を続けた守備職人・源田も良かった。が、数え上げたらキリがない。出場した選手全員が良かったし、監督・コーチ、スタッフも含めて誰もが素晴らしかった。
 
でもやはり、大谷翔平の大会だったと思う。それは最初から分かっていたことだ。だが、彼が凄いのは、そうした中で期待通りの、いや期待以上の活躍が出来てしまうところなのだ。最後のアメリカ代表の主将・トラウトを三振に切って取る様など、まさに!
 
そして、さらに彼が凄いと思うのは、多くのWBC戦士がその後、燃え尽き症候群なのか、シーズンインしたそれぞれのリーグで、調子を上げるのに苦労するなか、大谷翔平はキャリアハイとなるであろう活躍をみせていることだ。WBCの優勝など、彼にとってはまさに通過点に過ぎないのだろう。もう彼に関しては、何をやってのけても驚くに値しないのである。
 
これまでもスポーツの世界では、誰もが認めるスーパースターとされた選手はいた。たとえば、サッカーの中田英寿や、野球で言えばイチローもそうだろう。とりわけ私はイチローが好きで、彼の筋トレのやり方を真似しているくらいだ。 
だが、中田にしろ、イチローにしろ、インタビュアーへの受け答えなどを見ていると、偏屈な性格が如実に出ていて、とても友達にはなりたくない御仁である。いや、拘りを持ってやっているのだろうから、ああなっちゃうのは分かるのだけど、それでもちょっとなあ……と思ってしまうのである。
 
だが、大谷翔平に関しては、まったくそうした嫌なところが感じられない。インタビューや記者会見でのやり取りはいつも完璧だ──相手の立場を尊重しながら自分の意見もきちんと言う──し、だからと言って、その完璧な応対を装っているふうでもない。フツーなら、どこか狙っている感じが垣間見えるものだが、彼の場合は至ってごく自然なのだ。(過日のインタビューで、「ニューヨークで一番気に入っている場所は?」の質問に対し、「一度も外に出たことが無いので分からない」は狙って言えるものではないだろう。)
 
そうかと言って、彼は決してクソ真面目な堅物ではなく、彼のバットを欲しがる敵チームのちびっこファンには「あげねぇーよ」とか言いつつ、サイン入りのそれを笑顔でプレゼントする神対応を見せるのだ。まさにナイスガイ! いや、パーフェクト・ヒューマン‼ いったいどうやって育てたら、彼のようになるのだろうか。
 
画像引用元 映画.com
PAGE TOP