BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

2

書籍「バッタを倒しにアフリカへ」(前野ウルド浩太郎 著)

ユーザーのオススメBOOKS&MOVIES

【知らない人生と一緒に旅をしよう】

●●●ユーザー タテイシヒロシのオススメBOOKS●●●

じゃじゃの私設図書館では、少なくとも二冊の本を借りてみる事を個人的なルールにしている。一冊は面白いとわかっている本を手に取る。もう一冊はなんとなく惹かれた本を手に取ってみよう。外れるかもしれないけど、偶然にも大当たりする時がある。そんな出会いがおもしろい。

この本を手に取ったのは完全に気まぐれだった。

アフリカでバッタを倒すだって? 昆虫好きなのか、あるいは昆虫食マニアか。おそらくそういう内容だろうと思ってページをめくって驚いた。そこには予想を超える言葉が書かれていたのだ。

 子供の頃からの夢「バッタに食べられたい」を叶えるために…

ヘイユー‼︎ 何を言ってるんだい。

倒すどころか食べられちまうじゃないか。

著者の前野さんは昆虫学者。子供の頃にテレビで外国の女性が大量のバッタに襲われるシーンを見て、恐怖とともに羨ましいと感じてしまった。

アフリカではバッタの大量発生による作物被害が深刻で、その問題に立ち向かう…という建前の「バッタを浴びたい」という欲望に突き動かされ、行けば何とかなるだろうという勢いだけでアフリカへと飛んでいく。そこで巻き起こるズッコケハプニングの日々が記されたドキュメンタリー。

本というのは面白く、手を伸ばせばそこに、自分の想像もしないような世界や文化、人生が広がっている。本来は自分とは関わることのない人生、でも本を読んでいる間だけはこのすっとこどっこいな人生を著者と一緒に旅をすることができる。そんな喜びを本は豊かに伝えてくれるのだ。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP