BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

2

書籍「本の中の、京都。」(幅 允孝)

スタッフのオススメBOOKS&MOVIES

【誰かの頭の中の京都を感じる本】

◆◆◆ボランティアスタッフ としみのオススメBOOKS◆◆◆

京都に15年ほど通っている。街並み、風景、喫茶店や書店、図書館がすきだ。いつもひとり旅で行く場所も大体決まっているけれど、季節が違うと感じるものも違って面白い。
思うように旅に出られなくなり、京都関連の書籍を読み漁っていた中で出会った一冊がこれ。京都にゆかりのある人がおすすめする『京都を感じる本』である。旅行案内ではなく、京都を感じる本というところがミソで誰かの頭の中を覗き見したような、そんな気分になる。サラッと読んだだけでは何処にそれを感じたのかわからない本も紹介されているのだが、それもまた悪くはない。実際に行けないのであれば、何か言い訳をつくってでも思いを馳せたいのだろう。
ちなみに私の京都を感じる本は「そうだ、京都、いこう。の20年」。そう、あの某有名キャンペーンのムック本だ。もっと格好つけた書籍を挙げたかったが、事実なんだから仕方ない。本の中の京都を巡りながら、あの人は元気かな。またあの店の甘味が食べたいな。桜の咲く季節に鴨川のほとりでゆっくり本でも読みたいなぁとぼんやりと思うのだ。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP