BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

5

映画「街の灯」(監督 チャーリー・チャップリン)

スタッフのオススメBOOKS&MOVIES

【あなたなの?】

◆◆◆ボランティアスタッフ吉田柴犬のオススメMOVIES◆◆◆

チャーリー・チャップリンは映画史上最も有名で重要な映画監督で俳優、時代を代表するアイコン。
「街の灯」は、1931年のチャップリンのサイレント時代の名作。サイレントはサイレントだけど、トーキー映画(音の入った映画)への過渡期でもあって、音楽はついている。
ストーリーは、盲目の花売り娘にお金持ちと勘違いされたホームレスのチャップリンが自分の身分を明かせないまま、彼女の目を治すために奔走する、というもの。ラストの二人が再会するシーンはちょっとジーンとする。
柴犬にとって、チャップリンは、ちょっと偽善的というか、あざといぐらいもってまわったストーリーテラーだと思う。でも、あのはにかんだような、ペーソスのある、少し哀れな物悲しい表情を見ると、どんな俳優もかなわないな、とも思う。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP