BLOGブログ

BLOG店主がオススメする本や映画など日々思うこと。

12

映画「山猫は眠らない」

映画

ミッションを受ける⇒現地へ行く⇒標的を撃つ、というシンプルなストーリーに凝縮された男の生き様を描きます。(これは久々の掘り出し物だぁ!?と思ったら、私が知らなかっただけで全8作もある人気のシリーズ物でしたw)

男はもはや人を撃ち殺すことに痛みを感じなくなっています。そのことは、帰る場所すら無くなっているのを意味します。男はそれも自覚しています。

撃ち続けるしか無い。殺し続けるしか無いのです。若造の新米狙撃手によって、あらためて己のレゾンデートルが浮き彫りになります。

スナイパーものは数多あれど、他と一線を画す骨太の一作です。(シリーズの他の作品は観ていません。シリーズ化されてこの男臭さが損なわれていなければ良いのですがねえ…)

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP